ガンプラ

ENTRY GRADE RX-78-2 ガンダムGUNDAMの製作工程① 合わせ目処理 改修工程

今回は、ENTRY GRADE RX-78-2 ガンダムGUNDAMの製作工程 合わせ目消しに必要な下処理や改修工程を紹介していきます。

今回は ENTRY GRADE RX-78-2 ガンダム を塗装して作る上で行った、合わせ目が出る箇所の塗装前の下処理や、頭部と胴体の改修工程を写真付きで紹介していきます。完璧な方法ではありませんが何かの参考になれば幸いです。

頭部の改修

定番ではありますが、アンテナのシャープ化を行いました。安全を考慮されてアンテナ先端に設けられた凸部分をニッパーで丁寧にカットした後に、紙ヤスリとデザインナイフを使用してシャープ化しました。そして、スミイレ時にスミが流れやすくするために、BMCタガネ1.25mmを使用して顔周りのスジを掘り直しました。

こちらも定番ではありますが、顎を引く角度を少し増やすための首パーツの加工です。一度切断してからプラバンを瞬間クリアパテで接着して0.5㎜延長しました。そのあとに瞬間クリアパテで肉抜き穴を埋め成型しなおしました。

首パーツは念のため1mm幅の穴をあけた後に、1mm幅の真鍮線を差し込んで軸を補強しました。

合わせ目の処理

赤い線の部分に合わせ目が出ます。少ないパーツ構成で完成させるためには致し方ないとは思いますが、多少不自然に感じた為、今回はこちらの合わせ目は消す方向で製作することにしました。

ダクトの部分と襟のパーツをノコギリ等で切り離して、塗装後に接着する方法をとります。

これで塗装の際に塗分ける必要がなくなりました。

黒いライン部分を切断しました。精密ノコギリではとても時間のかかる作業でした。

バックパックの改修 バーニア切り離し

バックパックのバーニアは一体成型の為少し違和感が残ります。今回はプラバンと市販のパーツを使用して別パーツ化することにしました。

バーニアは精密ノコギリで切り離しました。

バックパックにあるシールドを固定するための穴を隠すためプラ棒3mmとプラバン1.2mmを使用してディーテールパーツを製作しました。

穴が3mmですので、プラ棒は3mmのままだと、クリアランスがない為、紙ヤスリである程度削ってから使用しました。

比較的厚めの1.2mmプラバンの切り出しには、プラスティックカッター2を使用しました。

バーニアの台座には丸ノズルを使用しましたが、サイズが合うものが入手出来なかったため、丸ノズルの左右を対称に削り込みなんとか収めました。

プラバンを使用した穴隠し用のディテールは、最終的に四方をヤスリで面取りをして仕上げました。

使用した主な道具

  • デザインナイフ
  • 精密ノコギリ
  • 紙やすり用の台座1mm幅
  • 両面テープ1mm幅
  • ニッパー
  • 瞬間クリアパテ+硬化促進剤
  • プラスティックカッター2
  • BMCタガネ1.25mm

今回は以上です。 わかりにくい部分も多々あるとは思いますが、今回は頭部と胸部そしてバックパックの改修工程を改修前改修後の写真付きで見てきました。 合わせ目消しは必ずしも必要ではありませんが、仕上がり時の満足度が変わってくる作業だと思い今回はチャレンジすることにしました。製作するうえで何かの参考になれば幸いです。

また、今後も完成に向けて ENTRY GRADE RX-78-2 ガンダムGUNDAM の製作工程を投稿していきますので、そちらもよければどうぞ。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

-ガンプラ