HG ガンプラ

HGUC リック・ディアス【プレミアムバンダイ】のパッケージ・ランナーレビュー

今回は、HGUC 1/144 RMS-099 RICK DIASリックディアス【プレミアムバンダイ】のパッケージ、ランナーレビューしていこうと思います。パッケージアート・箱の大きさ・説明書、塗装用のカラーレシピまで合わせてご紹介していきます。

こちらの商品は、昨年2020年の8月に先行してプレミアムバンダイより発売していたリバイブ版リックディアスクアトロバジーナ機)の色替えキットになります。

元々はHGUC旧リックディアスをベースとした、HGBDのビルドガンマガンダム(プレミアムバンダイより発売)が始まりで、そちらをベースに商品化されたのがHGUCリックディアス(クアトロバジーナ機)となります。そして、2021年6月に色替えで発売されたのが、今回紹介するHGUCリックディアスとなります。

HGUC旧リックディアスと比較すると大部分の外装パーツや関節パーツが新規パーツで構成され、より設定画に近づけるリニューアルが行われました。

また、関節構造が最新のHG基準に見直されアップデートされたため、ポージングのバリエーションがが大幅に向上しています。

HGUC(ハイグレード・ユニバーサルセンチュリー)キットの特徴
サイズは1/144スケール
アニメ機動戦士ガンダムシリーズのうち宇宙世紀に登場するMSを対象としたプラモデルキット。必要以上にディーテールを施さず、組み立てを出来る限り簡略化したうえで、原作アニメと比較して違和感を持たれない造形工夫がされています。組み立てに接着剤は不要。2015年ガンプラ35周年の年にHGUC「ガンキャノン」が最新の技術でリニューアルされた事を皮切りに、発売から年月が経過した主要キャラクターキットがスポット的ではあるが、リニューアルされている。

価 格2,090円(税10%込)
予約受付時期2021年2月
対象年齢8才以上

箱正面です。紺色ベースのパッケージです。箱のサイズは縦が19.0cm横が30cmありました。

高さは7.7cmありました。箱の大きさの合計は56.7cmありました。

箱サイドには注意書きと対象年齢が記載。

開封しました。赤いパーツが目を引きます。

ビニール袋3パックと説明書が2冊入っていました。

ベースとなったリックディアス(クアトロバジーナ機)の説明書です。

モノクロの印刷で、組み立てに必要な必要最低限の情報のみが記載されいます。

モビルスーツの詳細説明やカラー写真付きの解説は、記載されていません。

クアトロバジーナ機のカラーレシピが記載されています。

クワトロ・バジーナ機と異なる点の説明書です。こちらにノーマルのカラーレシピが記載されています。

カラーレシピの拡大です。専用機・ノーマル機どちらのカラーリングでも再現が可能です。

Aランナーです。武器パーツやアーマー裏装甲パーツ、そしてクリアパーツが配置されています。

B1・B2ランナー。こちらはショルダーアーマーや脚部の装甲パーツなど。

Cランナー。足の裏までディーテールが施されています。他にはランドセルのパーツや腰部の装甲です。

D1・D2ランナー。新規造形の関節部などのパーツです。

最後にポリキャップPC-111が用意されていました。シールは付属しません。

今回は以上です。 痒いところに手が届いたかたちとなってリニューアルされたHGUCリックディアス。プレミアムバンダイ受注商品のため、購入機会を逃した方には入手難易度は高くなりますが、HGUC旧リックディアスとリニューアル版を比較してみたり、楽しみ方はそれぞれだと思います。また、アクションベースとの接続も可能で、多彩なポージングを獲得したリックディアスで、多彩なディスプレーが可能となりました。また別売りのド・ダイ改(プレミアムバンダイ)に搭乗させて、アニメさながらのシーン再現可能です。

また、 HGUCリックディアス【プレミアムバンダイ】 の素組レビューもしていますので、そちらもよければどうぞ。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

-HG, ガンプラ