ガンプラ

MGプロヴィデンスガンダム G.U.N.D.A.M. プレミアムエディションの製作 頭部の改修

今回は、MGプロヴィデンスガンダム G.U.N.D.A.M. プレミアムエディションの頭部の改修をしていこうと思います。

素組みの状態でも悪者の雰囲気が漂うお顔立ちですが、さらに好みの頭部に改修していこうと思います。

といっても手持ちの技術が少なすぎるので、出来る範囲で簡単に改修していきます。

今回の改修の目標は、横から見た時に正方形に収まっていて単調な印象を受けたので、もう少し変化を加えて、オリジナリティーを出したいところ。では早速作業に移ります。

まずは、定番の工作ですが、アンテナをシャープにしていきます。エッジを削って先端へ向けて尖らせる事と、左右のバランスを崩さない事と、あとは削り過ぎない事、この3点を意識しながら尖らせました。やり過ぎると修正がたいへんですからね。

油性マジックでエッジをわかりやすくしてみました。今回はエッジを均一にならすイメージでデザインナイフでカンナ掛けして削り込んでいきました。

反対側にもエッジがありましたので、ならします。この作業だけで十分シャープな印象になりました。

お次は頭頂部のトサカのパーツと顎の赤いパーツに手を加えていきます。

トサカのパーツを前方向に少し延長したいので、バランスを考えて顎のパーツも少し延長します。

使う材料はシンプルです。適当な厚さの切り出したプラバンと瞬間クリアパテを使って工作しました。

写真には写っていませんが、効果促進スプレーも使用しています。

唐突ですが出来ました。トサカの折れ曲がっている箇所の角度が変わってくれたのと、センサー部分が斜めに張り出した形が作れたので、今回はこれでよしとします。

トサカのパーツは1.2㎜のプラバンを切り出して、クリアパテを塗って貼り付けました。角度を付けたい場所には2枚貼り付けて、好みの角度になるまでサンドペーパーでヤスリ掛けをして整えました。顎のパーツも同じ要領で様子を見ながら削り込んで整形しました。

アンテナの赤いパーツの整形は失敗しました。プラバンを貼り付けたまでは良かったのですが、センターがいまいちはっきりせず、思ったように整形できませんでした。塗装サフ吹きの際にまた整形し直します。

正面から見た時に、赤いパーツの下部先端が、目と目の間に僅かに重なり、改修前と印象が変わりました。

気を取り直して、頭部バルカンをハイキューパーツさんのEZガンマズルS1.5mmに変更していきます。

バルカンのマズル部分だけを切断します。

元々のパーツの切断にはタミヤの精密ノコギリ(エッジング)を使いました。細かな場所の切断には重宝しています。

切断した部分に1.0mmのピンバイスで穴をあけます。

穴が開きました。貫通の必要はなかったのですが、貫通してしまいました。

EZガンマズルを取り付けて再び撮影。

正面から。

再び横から。

今回は以上です。早足で見てきましたがいかがでしたか。簡単ではありますが、頭部の改修をしてみました。驚くほどの変化はありませんが、少しだけでもオリジナリティーが出せたのではないでしょうか。

頭部の、特に顔周りは僅かな違いで大きく印象が変わってくると思います。改修にはある程度の覚悟が必要ですが、チャレンジする価値は十分あると感じました。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。完成を目標に投稿していきますので、今後もどうぞよろしくお願い致します。

-ガンプラ